中古バイクの状態確認には「試乗」が一番

中古バイクの状態をしっかり確認してから購入を決めないと、購入後に大掛かりなメンテナンスが必要になってしまったり、整備票が原因で事故を起こしてしまうなどの危険があります。新車ならまだしも、中古バイクの状態はそれぞれで全く同じものは存在しない為、一つ一つのポイントをしっかりと確認することが大切です。中古バイクの状態確認は、販売店の説明を参考にすることが多くなります。車と違い、実際に乗ってみて確認するという事が出来ない可能性が高い為、出来れば「市場が可能な販売店」を利用して購入するようにすると安心できます。

販売店の説明に加え、自分が乗ってみて感じた印象などで買うべきかどうかを判断できれば申し分ありません。もし、試乗が出来ないという場合であっても、最低限「エンジン始動中の状態を確認する」という事が大切です。エンジン始動中に異音がしないかや、始動がスムーズかどうかと言う点はしっかりと確認しておくと不安が減ります。販売店の中には、エンジン始動後すぐにアクセルを煽るところがあります。

これでは正確なエンジン始動~安定するまでの状態を判断することができない為、出来る限り自分で操作することが大切です。チョークを引かずにエンジン始動が可能で、その後すぐにアイドリングが安定するようであればエンジンの状態は悪くないと言えます。チョークを引かなければエンジン始動しないというのは妥協点ですが、アクセルを煽らずともアイドリングが安定するようなバイクを選ぶと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です