正しい中古車の選び方

中古車を購入する場合に注意することがあります。中古車は耐久消費財で、使用により経年劣化は避けることが出来ません。走行距離が多ければ多いほど耐久性能は損なわれます。中古車購入を検討する際に予算をしっかりと立てましょう。

次に車種を決めていざ中古車探しとなります。ポータルサイトの検索エンジンで年式や走行距離、グレードなどの条件を入力して検索すれば、全国の販売店在庫車がネット上にアップされます。価格の安い順や高い順など同じ車両が次々とアップされます。まずは、修復歴の有無と走行距離を確認しましょう。

修復歴ありの車は絶対に選んではいけません。走行距離はできるだけ少ない車が良いです。同じ車種で走行距離が多い車が安くてもそれを選ぶことは避けましょう。候補の車を数台チェックしておいて、販売業者に問い合わせをしましょう。

基本的に中古車は価格交渉がしにくいのですが、とりあえず価格交渉をしましょう。最近では、業者間の相見積もりを避けることから、見積もりを出さない業者が多いですが、見積もり額をしっかりと聞いて車両の情報をプリントアウトするなどして記録しておきましょう。次に、ボディコーティングやETC設置、オイル交換サービスなど引き出せるサービスを交渉しておきます。総合的にトータルでお値打ちとなる販売店で購入することです。

下取車があれば、下取り価格も比較しなければいけません。買取相場を参考に交渉し、買取一括見積であらかじめ高値を引き出しておいて交渉を進めるのも良いでしょう。購入する際は必ず下取りを条件に購入しましょう。業者から他の客からのアプローチを匂わす連絡があった場合、それは買い誘導ですので、そのセールスに乗らないようにしましょう。

在庫化を避けたい業者は、一貫した交渉を試み、買う意思が強ければ、必ずこちらの交渉に乗るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です