中古バイクのサスペンションチェック法

中古バイクの状態は個体によって様々です。エンジンの調子が良い個体を購入するに越したことはありませんが、それ以外にも様々な部分をチェックすることが必要です。サスペンションのチェックに関しては、フロント・リアともにしっかりと行っておくことが大切です。前後ともにしっかりと機能していない状態の場合、ちょっとした段差でも衝撃が大きくなってしまい転倒する原因になる可能性が高くなります。

気に入った中古バイクを見つけたら、まずは「座ってみる」ことが必要です。シートに座ってみるだけでもリアショックの状態を確認することができるため、何度か勢いを変えながら座る・立つを繰り返して状態を見ていきます。座った時に大きく沈み込んでしまったり、立った時に中々戻ってこない場合には「抜けている状態」です。フロントフォークに関しては、中古バイクにまたがりながらフロントブレーキを掛けながら押して確認します。

しっかりと抵抗を感じることができ、レスポンス良く戻ってくる感じがあれば合格と言えます。こちらもリアショック同様に、沈み込みが大きすぎたり戻りが悪いと抜けている状態と判断することができます。また、フロントフォークに関しては「オイル漏れやシールの状態」を確認することも必要です。フォーク部分に錆が浮いている場合、それが原因で機能が低下してしまっている可能性もある為、サビや錆を取った跡がくっきりと残っていないかなどを確認するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です