良い中古車の見分け方

中古車を買う場合、前オーナーさんがどのように運転していたのか、車の内部構造はどんなものなのか、正直、知る由もありません。そこで、購入者側からできることと言えば、まずは修復歴が歩かないか、と、言う点です。ちょっとくらいこすったやうしろの塀に当たってつぶれてしまったくらいでは修復歴には入りません。いわば大事故をあらわしています。

そこを売れるまでに修復した車、ということです。直してくれたところはいいけれどほかのパーツの損傷具合は確認することができないのが現状です。中古車を購入する場合まず修復歴に視点を当てるとよいでしょう。次におすすなのが走行距離より年式です。

例えば、毎日毎日車通勤の方、しかも、高速を使うような勤務地へ往復のっておられるかたは日常の買い物や電車通勤で土日しか車に乗らない方に比べると一般的に車の買い替えが早いと言われています。おそらくキロを目安に車を購入しているのです。しかし、日本の車は製造から20年以上たっても東南アジアで大活躍するほど性能がいいのです。走行距離はあまりきにしないようが良いでしょう。

中古車を買うなら走行距離より年式です。たくさん走っていても年式が新しい方が勿論最新に近い装備がついていますので安全です。ほかにはできればワンオーナー車、王ションで自身があとから取り付けが不要なように必要なものがついているものがあるといいでしょう。どうしてもたばこの臭いがダメな方は召集グッズやこまめな換気自身の好きなアロマの香りを車内に漂わせることにより時間はかかりますが不可ではありません。

がんばって探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です