ネオヒステリックカーとなったメインカーの車検

我が家のメインカーは新車で購入してから四半世紀のワンオーナーカーです。会社の社用車で世話になっている都内のディーラーで購入しました。会社関係というと値引きも大幅と思われるかもしれませんが、担当は違うのですが私も総務部に属していたため、収賄などを疑われないよう値引きもオプション品などのサービスも一般ディーラーで値引き交渉しながら購入するより低かった覚えがあります。車両登録初年度から3年後の車検を受ける時までは、無償分の定期点検のみ買ったディーラーで行っていましたが、車検はディーラーより安く受けられるため初回から2回までは、会社からもほど近い知り合いの都内の自動車工場に出していました。

ところがメインカーの3回目の車検が近づいたときに、都に隣接する他県の市にある寮から都内のアパートに引越したたことと、最初購入したディーラーがもう1つのディーラーと統合(吸収)されることになり、車仲間から事前に新しいディーラーのほうがサービスが良いこと、ディーラーの整備費用なども安くなっていることなどがあり、都内の自動車工場から新しいディーラーに車検依頼を移しました。そのディーラーはラリー競技用車も整備しているほどで、メインカーも隅々まで面倒を見てくれました。2回ほどお願いした頃でしょうか。結婚し自宅も購入したため都内から隣県に引越しましたので、そのディーラーにお願いして隣県のディーラーを紹介頂きました。

そのディーラーも親身になっていただき、もはや10年数年ほどが経ちメインカーも25年目となりました。ネオヒストリックカーの仲間入りです。メーカー直営のディーラーだからこそ、車検も整備も、そして修理も安心して任せられると思う今日この頃です。ちなみに妻がメインで私もたまに使うセカンドカーも現在のディーラーで数回購入・乗り換えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です