車検を受けられる場所と期間

車検とは、日本の法律で道路を走る車は2年に1度は車検を受けなくてはいけないと義務付けられているもので、受けなければ厳しい罰則を受けてしまうと言うものです。ただし新車時の初回は3年に1回となります。義務化されているのは、整備不良の自動車や故障している自動車などが続発して事故などが多発することを防ぐためでもあり、悲惨な事故や事態を未然に防ぐためにもとても大切なものなのです。車検を受けるためには、自動車の点検や整備の他に自賠責保険に加入する必要があります。

自動車の点検や整備は一般的に各自動車メーカーの看板を背負っていて整備や技術レベルがとても高く信頼性が高いディーラーや、車検のみを専門に取り扱っていて均一価格で比較的安い価格設定を行っている専門フランチャイズ店、整備工場などの看板を掲げている民間工場、車に関する商品を取り扱っているカー用品店、ガソリンスタンド、などにお願いして行ってもらいますが、知識がある方の場合には自分で行うことも可能です。この場合には自分で陸運支局に行って書類の作成をはじめ検査ラインまで自分で全て行います。知識と平日の昼間に時間が必要となりますが、自分で全て行うので費用は格安になります。車検は有効期限の終わる日に受けることもできますが、有効期間の1ヶ月前から受けることができます。

有効期限の1ヶ月前以降であれば、期日をそのままに有効期限を2年間延ばすことができますので、早めに受けたからと言って有効期限が早くなることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です