2年ごとの車検を安くする方法はありますか

乗用車の車検は、2年ごとに訪れます。その費用はまとまった額となり、家計の負担になる事もあります。年数が経てば回数も増えると不具合も増え、部品の交換費用もかさみます。できるだけ安くしたいと誰もが頭を悩ますことです。

一つの方法は、車検を取らない。無車検で走るということではありません。車検の時期に新車や中古車に乗り換えてしまう事です。車検の費用は、諸費用を含めて軽自動車の場合で6万円前後、乗用車ですと15万円前後から25万円以上かかる事もあります。

現在の自動車を下取りなり買取りにして次の自動車をローンで買えば、一回目の支払いで済みます。ローンの組み方にも裏ワザがあります。ローンは最長の回数にしておきます。月々の負担を軽くしておいて早期完済をします。

毎月の負担が軽くなる分、自動車の維持費として貯蓄にまわせるということです。もう一つの方法は、こまめなメンテナンスです。自動車の健康診断の時期を予め決めます。三カ月に一回とか半年に一回など、使用頻度によって整備士さんと相談することです。

下回りのトラブルは、設備が無いと中々見られず気づきにくい場所ですが、いざという時に予定外の出費がかさむ場所です。足回りのブーツの破損やオイル漏れなど致命傷になる場所がありますから、リフトアップして早めに点検をして貰います。メンテナンスの費用を分散させることが、車の為にもお財布の為にもなります。同時に油脂類と水の管理をしておけば自動車の知識の少ない人でも快適なカーライフとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です