カスタムの中古車を売る方法

お金をかけたカスタム車なら、絶対に高く売れるはずだと信じ込んでいる人もいます。しかしこれは残念ながら、誤った認識だといわなければなりません。確かに、カスタムした車は本人にとってはとても価値がある、世界に一台しかない貴重な車かもしれません。一生懸命にこだわりを詰め込んだり、お金をかけてパーツを取り付けたことも、高く評価されるべきかもしれません。

しかし、中古車買取の実情からいえば、カスタムした車は本人が思ってるほど評価されることはありません。どうして評価されないかといえば、買取業者の思惑の中に、できるだけノーマルを買取したいという思いがあるからです。なぜノーマルを買取たいと思うかといえば、中古車を売るときにノーマルのほうが売りやすいからです。消費者の販売傾向がそうなってるからとしかいいようがありませんが、消費者の多数派を占めるのはカスタム車希望ではなく、ノーマルなのです。

消費者の多数派を意識した販売をしなければ経営は立ち行かないので、買取業者はカスタム車をあまり評価せず、ノーマルのほうを高く買取します。こうした実情があるので、カスタムした中古車を売りたいと思ってる人は、なるべく改造したパーツを純正に戻してから査定に出すようにしましょう。一方、ノーマルに戻したからといって、カスタムパーツが無駄になるわけではありません。取り外したカスタムパーツは、パーツショップに持ち込めばそれ単体で高く買取されることもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です